レーシック体験者の声

レーシック体験者の声

MSさん

朝、起きた瞬間から目が見えることに感動しました。
お風呂に入る際、メガネを外そうとして「あっメガネかけてないんだ」と実感しました。メガネもコンタクトも要らなくなり人生が変わりました。もっと早く手術を受ければ良かったと今になれば思います。

わかばやし眼科が提供する、北陸初最先端レーシック
iDesigniLASIKとは?

iDesigniLASIK(アイ・デザイン アイ・レーシック)

さらに詳細で正確な目の歪みの測定を可能にしたiDesignの登場で、より緻密で安定した治療を提供します。患者様ごとにカスタマイズし、患者様にとっての最良の見え方にこだわった治療、それがiDesigniLASIKです。

一人ひとりに合わせたカスタムメイドなレーザー屈折矯正手術
iDesigniLASIKの特徴

NASA(アメリカ航空宇宙局)、米国国防総省が唯一承認したレーシック

過酷な環境下でも耐えうるとして認められたレーシック

iDesigniLASIKは、高い安全性と質の高い良質な裸眼視力を得ることき過酷な状況下でも耐えうると2006年12月に米国国防省が戦闘機パイロットへ承認され、翌年の2007年9月にアメリカ国立航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士へ承認されました。
高い身体能力を求められる米国戦闘機パイロット、宇宙飛行士が唯一受けることが出来る高品質レーシックです。

見え方の質の高い良質な裸眼視力

iLASIKテクノロジーは、一人ひとりにカスタマイズされた治療を可能にし、より多くの患者様に良質な裸眼視力を提供します。

「視力」と「見え方」は別のもの。同じ視力でも「見え方」は人によって千差万別です。これは高次収差(角膜のわずかな歪み)の原因となる角膜の形が、指紋と同じように一人ひとり異なっているからです。
iDesigniLASIKは従来の5倍の精度(測定点約1200箇所)で目を測定し 、高次収差を矯正することができ、患者様1人ひとりにあわせた最適な「見え方」をご提供します。

夜間視力の大幅な改善

高次収差を測定点約1200箇所で矯正し、ハロー・グレアを大幅に改善

従来のレーシックは、手術後、夜間は光がにじんで見える(ハロー)、まぶしく見える(グレア)ことがありました。iDesigniLASIKは高次収差を測定点約1200箇所で矯正することで、手術後のハロー・グレアを大幅に改善することが出来るようになりました。

レーザーで滑らかで強固なフラップを安全・正確に作成

厚生労働省が唯一承認したレーザーでフラップを作る機器『イントラレース(iFS)』を使用して滑らかで強固なフラップを安全・正確に作成します。

『イントラレース(iFS)』はフェムトセカンドレーザーというレーザーでフラップを作成します。
iFSフェムトセカンドレーザーは、数千個のレーザーパルスを並列させて角膜内に切除面を形成し、フラップの大きさや厚さなどがコンピューター制御でき、非常に安全に理想的な形状のフラップを作成することができます。

なめらかな切断面

レーザーをコンピューター制御することで、フラップの形状は均一でムラのない、なめらかな切断面を形成します。これにより、フラップ作成における高次収差の増加も少なくなります。

安全性が高く、眼の負担も少なく手術後の視力の回復が早い

測定点約1200箇所のあなたの目のデータを基に自動追尾

手術中は眼球が動かないことが理想ですが、どうしてもかすかに眼球は動いてしまいます。ビジックス STAR S4IR の位置合わせ技術(3-Dアクティブトラック)は、レーザー照射中の眼球の動きを立体的に補足し、三次元追尾しながらレーザーを正確に照射します。もし眼球が大きく動いた場合は、レーザー照射を自動的に停止するセーフティ機能が働くので、もし目が動いてしまったら、とご心配な方にも安心です。

効率的なレーザーの照射による眼の負担が少なく術後の視力の回復も早い
フラップの作成は10秒程度

VISIX社最新機種イントラレース(iFS) フェムトセカンドレーザーは、わずか10秒程度で安全にフラップ作成を行うことができます。短時間で済みますので眼の負担も大幅に軽減されます。

複雑な眼の形状に合わせて的確にレーザー照射

レーザーの照射径の大きさを、0.65mm~6.5mmの間で角膜を矯正する位置や形状によって最適に変化させながら、レーザーの照射を行います。これにより角膜の切除量を抑え手術時間を最短にすることができます。
また、角膜の温度を一定に保ち、角膜への負担を最小限に抑えます。

わかばやし眼科のレーシック
安全性への取り組み

レーシックへの取り組み

最新最良の機器を使用します

患者様へのリスクが低く(安全性)より精度の高い手術(見え方の質・視力)が行えるよう、常に新しい機器の中から最良と判断できる機器を選定し、積極的に導入しています。

手術は必ず院長・担当医が執刀します

角膜移植やその他種々の眼科の手術15000件以上の経験のある熟練した院長をはじめ必ず担当医がすべての方の手術を執刀します。
※アルバイトや派遣医が入れ替わりで手術をすることはありません。

レーシックに精通した熟練のスタッフがサポートします。

熟練のスタッフが最新鋭検査機器を使い何回も時間をかけて手術前の検査や説明を行います。

術後の定期検査も執刀した院長・担当医自身が診察をおこないます。

手術後も、定期検査※をきちんと執刀した院長・担当医自身が診察します。
※定期検査(手術翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヵ月後、3ヵ月後)
※定期検査の費用や薬剤費も手術料金に含まれています。

感染症に対する取り組み

レーシック術後の感染症に不安を感じられている方もいらっしゃるかもしれません。
当院では2000年3月にレーシックを導入してから現在まで術後の感染は一件も発生しておりません。
当院では治療精度を最もよくするために常に世界最先端最新設備を使用し、眼の安全性と最高の滅菌効果を両立させるオゾン水を使用することなどで最高水準の安全性の確保にコストをかけております。
当院では感染症を起こさないために以下の取り組みを行っております。

感染にもっとも有効なオゾン水を使用

オゾン水は眼や角膜に優しく(赤ちゃんのNICUにも使用されるくらい安全)オゾンの酸化力(殺菌力)で全ての細菌を死滅させるため、最もレーシックに適した消毒方法です。
当院では医療用オゾン水発生装置を手術室に装備しています。
このオゾン水発生装置は精度も正確で安定的に4ppmの濃度(角膜に障害を引き起こすことなく十分な滅菌は行われる濃度)のオゾン水が出るように設定された厚生省認可の医療用の装置です。大変高価な機器ですが安全性を考え当院ではオゾン水での消毒を選択しております。

手術は必ずクリーンルームで行います

若林眼科の手術室はクリーンルームです。
手術はクリーンルーム内で移動も無く終わりますので感染リスクがほとんどありません。

眼に直接ふれるサクションリングは一人ひとりに新品使い捨てを使用します

フラップ作成時に眼を固定するためのサクションリングは一人ひとり新品で使い捨てで使用しており、消毒の不備による感染症は当院では起こりえません。

手術費用について

手術費用

iDesigniLASIK
アイ・デザイン アイ・レーシック手術料
(自動追尾式)
片眼20万円
レーシック手術料
(自動追尾式)
片眼15万円
PRK・PTK手術料
(自動追尾式)
片眼15万円

※近視、乱視は病気として扱われないため、眼鏡やコンタクトレンズを含め、屈折異常を矯正するための方法は、手術と言えど自己負担となります。

  • 手術は1日で両眼の手術を同時に行うことが普通です。
    片眼ずつ、日をおいて手術を行いたい場合は院長にご相談ください。
  • 手術料金内訳
    上記手術料金には、手術当日、術後の定期検査(手術翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヵ月後、3ヵ月後)と薬の費用が含まれています。(消費税別途)
  • 手術当日の入院を希望される方へ
    1泊2食付き(6,000円)となります。
  • お支払方法
    お支払いは現金、口座振込、カード(VISA、JCB、MILLION、MASTER,DEBITなど)が可能です。
ページ上部へ